本文へジャンプ

学科概要
  • HOME
  • 学科概要
  • 学生による学科紹介

学生による学科紹介

4年生になると「研究室」に配属されます。
今までは、皆で同じ授業を受け同じ問題を解いてきたのが各人で「自分は何をしよう」と考える初めての経験です。4年の前期に3研究室に仮配属、どの研究室に行こうかじっくり検討、4年の後期は本配属、卒業研究を行います。
そして、大学院に入ると、研究が生活の中心になっていきます。

五十嵐研究室 | 五十嵐健夫教授、坂本大介特任講師
短い説明
コンピュータアプリケーションを使いやすくするためのユーザインタフェースの研究を行っている。特に、

1. コンピュータグラフィクスを手軽に生成・利用できるようなインタラクション手法の研究
2. グラフィカルユーザインタフェースを使いやすくするための研究
3. 実世界で動作するロボットや情報家電のためのインタフェースの研究

などを行っている。
五十嵐先生に聞きました

Q1) 五十嵐研での研究の対象はなんでしょうか?

ユーザインタフェースとコンピュータグラフィクスです。
コンピュータを使いやすくするための技術やコンピュータを利用してビジュアルな表現を行うための技術の研究開発をしています。

Q2) プロジェクトがあれば紹介していただけますか?

手書きスケッチで3次元形状を作成したり2次元の絵を直接つかんで動かすことでアニメーションを作成したりする技術、デスクトップアイコンを整理したりスクロールを効率よく行ったりするための技術などの研究しています。

Q3) 五十嵐研の特徴は何だと思われますか?

プロジェクトが動いているというよりも、個々人が自分の興味に基づいて研究をしています。

Q4) 五十嵐研にくると、学生にとってどのような点が良いでしょうか?

自分で頭で考えて自分でものを作り、さらにそれを外に対して発表する経験をすることが重要だと思います。

Q5) どのような学生に研究室に来てほしいですか?

受身でなく、自分のやりたいことを自分で見つけて研究できる学生に来てほしいです。

Q6) どのような知識が必要でしょうか?

プログラミングはできないと困ります。あと、英語もよく勉強しておいてください。

Q7) 演習3(研究室まわり)の課題を教えていただけますか?

ユーザインタフェースあるいはインタラクティブコンピュータグラフィクスに関する論文を読んで実装することをしてもらいます。

Q8) 学生さんへのメッセージ

自分が興味をもって一生懸命取り組むことのできるテーマを見つけることがもっとも大切だと思います。そのためにも、視野を広くもって、いろいろと勉強してください。
加藤さん(博士課程三年)に聞きました
Q1) 加藤さんの研究の対象はなんでしょうか
プログラミングのためのユーザインタフェースです。プログラマや、プログラマでない人でも使えるような開発環境を作っています。

Q2) 五十嵐研の特徴は何だと思われますか
学生一人一人が自分のテーマを持って研究を進めています。ユーザがいるシステムは全部ユーザインタフェースの研究対象になりうるので、とても幅が広いです。
あとは、だいたい常に海外からの留学生がいることも特徴かもしれません。海外インターンに行く学生も多く、外向き志向が強いです。

Q3) 五十嵐先生はどのような方と思いますか
研究とは何かを自ら実践して見せる、背中で語るタイプの研究者だと思います。
学生の立場としては、研究テーマを選定し、実装、論文執筆する各プロセスにおいて、何かアウトプットすると的確にフィードバックを下さるので為になります。

Q4) 五十嵐研にきて、どのような点が良かったでしょうか
やりたい研究トピックが見つかって、しかも主体的に進められているので個人的にとても満足しています。
ユーザスタディで自分の作ったシステムについて好評が得られると嬉しいですね。
海外インターンに行くきっかけが得られたのも非常によかったです。