発光ダイオード

[ダイオード] 発光ダイオードはみなさんご存知の通り、ダイオードとして、ランプとして 使えます。とりあえず、ここで重要なのは、

CPUがどうなっているのかが直接わかるのは発光ダイオードからのみだ!

ということです。これがないと内部の状態が全然わからないのです。という わけで、デバッグ用にいつまでも発光ダイオードは残されます。CPUを32bitに しよう、というようなピンの使い方をすると、発光ダイオードのためのピンが 減っていきます。性能をあげるためにはデバッグが不便になる、というトレー ドオフがここにあります。


〔トップページへ〕 〔「基板パート」のindexページへ〕
<vu@is.s.u-tokyo.ac.jp>

Last updated on 7 May, 1999