バグ

基板係の人は〆切近くになると、「暇」です。というわけでデバッグのお手伝いをすることになります。うまくいけばデバッグでは苦労はしないのですが、そんな夢みたいな話はそうそうなくて、やはり地獄のような苦しみを受けなくてはなりません♪。

でも、このような苦しみを味わうことによって手押しクロックを作ろう、とかRAM reader writerを作ろう、といった motivation が生まれて 大変素晴らしいことです。


〔トップページへ〕 〔「基板パート」のindexページへ〕
<vu@is.s.u-tokyo.ac.jp>

Last updated on 7 May, 1999