[完成までのプロセス]

実験では、5〜6人で班を作ります。
班の中で、基板係・CAD係・ソフトウェア係などに分かれ、協力して、最終的にレイトレーシングをオリジナルプロセッサで完動させることを目指します。
それぞれのパートが全て完全に動いてはじめてレイトレが完動します。

演習の流れは以下のようになっています。
  1. 作戦を練る

  2. 基板の作成(基板係)

  3. プロセッサの作成(CAD係)

  4. アセンブラ、コンパイラ、レイトレプログラム作成(ソフトウェア係)


細かな実験の流れは以下のようになっています。 process-s.gif

それぞれの係が並行して作業をすすめていって、最終的に レイトレが完成します。



〔トップページへ〕 〔「プロセッサ実験」のindexページへ〕
<vu@is.s.u-tokyo.ac.jp>

Last updated on 7 May, 1999