情報科学科概説

情報科学科について

Photo of Our Building

情報科学科(The Department of Information Science)は 1970年、東京大学理学部付属情報科学研究施設として誕生し、 1975年、学科として改組されました。 当初、学部学生の定員は理学部数学科と物理学科からの15人でしたが、 現在は一学年およそ40人弱とその規模を大きくしつつあります。

建物は当初浅野地区の大型計算機センターと共用でしたが、現在では 安田講堂、三四郎池、生協に囲まれた、本郷でも一等地にある、 理学部7号館に構えています。
隣は理学部化学館、向いは理学部1号館(物理学科など)です。

 

Photo of Students' Computer Room

建物の中の設備の目玉はやはりコンピュータです。 学生が1人およそ1台の最新のワークステーションをつかって自分のペースで研究を 進めています。
更には強力な並列計算機も学部3年から自由に使用できます。
設備紹介へ

 

Photo of Prof.Imai

研究内容は多岐にわたっています。 いずれも「情報科学」に関係した内容ではありますが、元来この「情報科学」は 色々な研究テーマがある分野で、学科内の研究内容も様々な分野にわたって豊富にあります。
研究室紹介へ

一方授業の内容もまたバラエティーに富みかつ奥の深い内容の授業がたくさんあります。 色々な方面でその一線で活躍されている先生方がみずから授業するため、 大変有意義なものとなります。 また、学科に専門とする先生がいない分野でも、その方面で有名な外部の先生が 特別講義をしてくださっています。

演習も他では見られないであろうこともやっています。 これら授業や演習に関しては、このVirtual Universityで仮想体験ができます。 是非体験してみて下さい。
授業紹介へ


 

〔トップページへ〕
<vu@is.s.u-tokyo.ac.jp>

Last updated on 15 May, 1999