改良

不安定な動きをする時には基板係に非難が飛んできます。そのため、いろんなことをやったり、憶測をしたりするですが、(全体をアルミ箔で覆うとか、人を近付けないとか、下の階でノイズが飛んでいるとか、上の階から放射線が洩れているといったこと)ほとんどが無駄なことに終ります。

結局は安定したCPUの設計をするか、ハンダづけをしっかりやる、といったことが重要なようです。あと、本当に安定にするため、あちこちにコンデンサをつけてやります。(電圧が瞬間的に足りない時には、コンデンサから電圧が供給されて全体の電圧が安定します。)


〔トップページへ〕 〔「基板パート」のindexページへ〕
<vu@is.s.u-tokyo.ac.jp>

Last updated on 7 May, 1999