FAQ
  1. FAQとは何ですか?

    Frequently Asked Questions の略で「よくある質問(とその解答)」のことです。 ちなみに読み方は・・・人によって異なるのですが「ファク」とか「ファック」 らしいです。あまり大きな声で言える言葉ではないので、友達に聞かれたときは 「さあ知らないなぁ。なんて読むんだろうね?」といっておくことをお勧めします。

  2. 工学部の計数工学科・電子情報学科・機械情報学科や教養学部の基礎科学科とは どう違うのですか?

    情報科学科がもっとも計算機に特化しているといえるでしょう。

    OSの授業中に益田先生が仰ったことも見て下さい。

  3. コンピュータに詳しくないとついていけませんか?

    予想通りの答えで恐縮ですが、そんなことはありません。 情報科学科の授業は駒場の4学期から始まりますが、そのときに習う Scheme というプログラミング言語が、初めて習ったプログラミング言語だった、 と言う人もいます。もちろん知識があれば有利なことはありますが、 「コンピュータを触るとジンマシンが出る。」という人以外は だれでもOKです。

  4. 理論的なこと(数学)ばかりやってる印象があるのですが。

    確かに数学っぽい授業もありますが、実際にプログラムを作る時間のほうが 圧倒的に多いです。

  5. グラフィックスや脳科学に関連することは学びますか?

    まず初めに「学部としての情報科学科では専門的なことを深く学ぶことはなく、 幅広い分野を(言葉が悪いですが)浅く学ぶことになります。 その上で、大学院へ進み専門的に学ぶとよいのではないでしょうか?」 とコメントした上で、あえて学部の授業から関係するものを紹介します。

    「グラフィックス」に関しては、
    今年度(99年度)から日本のCGの第一人者で ある西田友是先生が、情報科学科に着任されました。西田先生が担当される 「ビジュアル情報論」は4年生の夏学期に履修できます(選択科目)。

    「脳科学」を冠した授業はありませんが、
    人工知能・自然言語処理に関連した講義として辻井先生の 「知能システム論」(3年冬学期・必修)を履修することができます。

  6. 地下室には何があるのですか?

    地下室には、「スラムダンク」「ジョジョの奇妙な冒険」 「修羅の門」「修羅の刻」「冬物語」「3×3EYES」などの 単行本や、「ジャンプ」「マガジン」「サンデー」といった週刊誌 が常備されています。 コンピュータもあるので、課題をやってる人もいます。

 

〔トップページへ〕
<vu@is.s.u-tokyo.ac.jp>

Last updated on 30 May, 1999