実際の授業をいくつか文書におこしてみました。 先生方の仮想講義を体験してみてください

また、3年生冬期には通称 「プロセッサ実験」と呼ばれる
「何人かでチームを組んでプロセッサ、基盤、コンパイラを作る。」
つまり

「簡単なコンピュータシステム一式を作る」

という一大演習が用意されています。

ちなみに用語集を用意してみました。

3年生夏期授業 

科目名 担当教官 内容紹介
離散数学

今井浩 離散数学の内容。即ちグラフ理論、最適化
言語処理系論

萩谷昌己 コンパイラ構築のための理論と実際 
ハードウェア構成法

平木敬 デジタルコンピュータシステムの基礎となるハードウェアについての講義。 基本論理素子、基本論理回路、基本論理回路システム、VLSI システムの 基礎、並びにその集大成としてマイクロコンピュータシステムのアーキテクチャ 構築の方法について述べる

情報論理

辻井潤一 命題論理、一階述語論理、証明手続き、ゲーデル不完全性定理。
オペレーティングシステム

清水謙多朗 オペレーティングシステムの機能及び構造について、実際のシステムの例も挙 げながら、その基礎を論じる。主な内容は、プロセス、プロセス間の同期・通 信、仮想記憶、ファイルと入出力、セキュリティなど。

3年生冬季授業

 
科目名 担当教官 内容紹介
知能システム論

辻井潤一 人工知能、認知科学の基礎理論と方法論、および、自然言語処理の基礎につい て解説する。

言語モデル論

米沢明憲 様々な計算モデルとプログラミング言語の諸概念。λ計算、プログラムの意味 定義法、型理論の基礎等。

計算量理論

今井浩 TM、計算可能性、計算量、NP完全、近似アルゴリズム。

計算機構成論

平木敬 計算機アーキテクチャの基礎、計算機の設計方式、計算機高速化方式、性能評価。

連続系アルゴリズム

小柳義夫数値計算に必要な基本的知識、数値計算アルゴリズム。


<vu@is.s.u-tokyo.ac.jp>
Last updated on Saturday, May17 1997