本文へジャンプ

新着情報

米澤明憲教授が紫綬褒章を受章しました

2009年11月03日

情報理工学系研究科コンピュータ科学専攻、理学部情報科学科、情報基盤センター長の米澤明憲教授が紫綬褒章を受章されました。

紫綬褒章は、学術・芸術・スポーツで著しい業績を上げた人を対象とした褒章です。米澤明憲教授は、情報科学分野において、長年にわたり新たなソフトウェアシステムの基礎理論の研究と実践に努め、複数のCPUで同時に情報処理する「並列オブジェクト」に基づく計算モデルとプログラミング言語の研究、モバイルオブジェクトやセキュアコンピューティングの研究など国際的に高く評価される研究成果を収められています。

並列オブジェクト指向技術は、インターネットにおけるセカンドライフやTwitterシステム、またスーパーコンピュータを用いた科学技術計算分野では、分子動力学シミュレータの実装などで使われています。最近では、新型インフルエンザに対する新薬の開発に分子動力学シミュレータが使われています。

今回の受章は、長年に渡る米澤明憲教授の並列オブジェクト指向技術に対する理論から実践に至る優れた業績と科学技術に対する多大な貢献が高く評価されたものであるといえます。