情報科学科の先輩に聞く!

情報科学科OB座談会「僕らは技術の王道を駆けていく」技術力で勝負する会社を立ち上げた先輩たち

ソフトウェア開発でいま最も熱い分野のひとつ「検索エンジン技術」。激しい技術革新と、し烈な開発競争が繰り広げられるこの分野で、「PFI」というベンチャー企業が注目を集めている。PFIを創業したのは、情報科学科の先輩たち。かつて同期生だった3人は、自分たちの技術力でビジネスの世界に挑戦中だ。

会社&個人プロフィール

株式会社プリファードインフラストラクチャー(Preferred Infrastructure:PFI)

2006年3月、記事登場の3名を含む6名のエンジニアが集まって設立。エンタープライズ向け全文検索エンジン『Sedue(セデュー)』の開発を核に、リコメンドエンジン、連想検索エンジン、関連記事推薦エンジンなどの自然言語処理/大規模データ処理系のミドルウェアを開発している。社名は「純粋関数型言語(Purely Functional programming language)」の頭文字PFに由来している。
http://preferred.jp/

写真
西川徹 Toru Nishikawa
代表取締役社長・最高経営責任者
1982年生まれ。東京大学大学院情報理工学系研究科修士課程修了。在学中は平木研究室でハードウェアとネットワークを研究。PFIでは社長業のほか、システム全体の設計を担当。
写真
岡野原大輔 Daisuke Okanohara
特別研究員
1982年生まれ。東京大学大学院情報理工学系研究科博士課程修了。辻井研究室で自然言語処理を研究。PFIでは、コアエンジンの開発を担当。
写真
西鳥羽二郎 Jiro Nishitoba
研究開発部門マネージャー
1982年生まれ。東京大学大学院情報理工学系研究科修士課程修了。在学中は今井研究室でアルゴリズムを研究。PFIでは、分散検索システムの開発を担当。