情報科学科の先輩に聞く!

現役学生OBインタビュー「先輩たちの仕事の原点」各界で活躍する先輩たちが教えてくれる“仕事の本質”

座談会トップへ戻る

やりたいことをしっかり持って情報科学をはめむと・・・

(株)電通 |佐々木康晴さん (情報科学科15期)
インタビュー年月日
平成8年 4月 8日
佐々木康晴 
15期生。現在(株)電通 第2クリエーティブディレクション局勤務。
中出・吉羽(17期)
インタビュー
中出: まず、今どういう仕事をなさっていますか?

佐々木: 仕事はですね、肩書としてはいわゆるコピーライターです。広告の表現部分を考える仕事ですね。でも実際には、コピーだけじゃなくて、CMプランナーの見習い的な仕事もやらせてもらってます。 4月までは研修で、1年間の研修ってことでクリエーティブ統括局ってとこに居るんだけど。

中出: じゃあみんなその局にいくんですか?

佐々木: いや、新入社員のうち、まずクリエーティブに配属になるのは150人中25人程度です。これは、入ってから研修やって適性をみて決める。で、最初の1年は、その25 人が、ほんとうにクリエーティブとしてやっていけるかどうかの研修をすると。

中出: なるほど。

佐々木: で、一応1年過ぎてまあ何とかなるなっていうことになったので、今いる第2クリエーティブディレクション局ってところに行くことになりました。今も、そこで、コピーライターをやってます。で、コピーライターは何をするのかっていうと、新聞・雑誌広告、ポスターとかの広告文面を考えたり、テレビコマーシャルのナレーションを考えるっていうのが主な仕事。他にも、たまにCF(注1)の企画の仕事もあって、30秒とか15秒のコマーシャルのネタを考えるっていうこともやる。あとは、新製品のネーミングとかもやるし、最近はホームページを作るってな仕事もあります。まあ何でもありますね。会社に入ってから7月まで全体研修で、その後から現場配属なんで、まだ事実上10カ月弱しか経ってないんだけど、もう仕事は実戦で、コピーや企画をずっとやってます。 今いる局は結構ハイテク関係が多くて、大学時代の専門に近いクライアントが結構多かったりしますね。ある程度専門知ってる奴じゃないと書けないっていうのもあります。いくら言葉がうまくても、まったく知らない人がインターネットについて書いてくれって言われたら、難しいよね。パソコンの広告作れって言われても、パソコン全然触ったこともないっていう人は書くことできないでしょ。だからそういう意味では専門知ってるということは、すごくプラスになってます。でも、全然専門と関係ない仕事も半分くらいあるよ。そこが面白いところだよね。

吉羽: そういうクライアントを佐々木さん一人で担当しているのですか。

佐々木: いえいえ。主にクリエーティブの表現案を考えるところには、クリエイティブディレクター(CD)という部長がいて、その部長の下にCMプランナーっていうCMを考える人とコピーライターと、あとグラフィック(注2)を考えるアートディレクター (AD)っていう3種類の人がいるわけです。でその人達がチームを作って協力し合ってネタを練ると。会議してこういうのは面白い、こういうのはつまんないとかって。だから、まあグループ作業なんだけど、基本的には各職種一人ずつ。コピーライターは1人、プランナーも1人。じゃないと喧嘩しちゃうしね。だってコピーって、どれが絶対いい、とか言えるもんじゃないんだよね。評価軸がひとつじゃないっていうか。こういう表現がいいですって言い出すと、多分2人入れば2通りできるし3人入れば3通りできちゃう。だからもう1人が責任を持って作るっていう形が多い。でも、まだ自分の場合は新人だから、先輩のコピーライターがいて、その下でアドバイスをうけながらやってたりもします。こんなのはどうですかっつって、うーんこれはちょっと分かりにくいなとかね、話し合いながら作ってる。

吉羽: もう少しやっていって先輩の方とかつかなくでやるようになったら、かなり個人の責任っていうのは、、、。

佐々木: もちろん責任重大。だけど、それはどんな仕事もおんなじでしょ。今も、たまに1人でやれっていう仕事がくると、けっこう気合いが入ります。

吉羽: じゃもう佐々木さんが考えたものがそのまま街中に現れて。

佐々木: 例えばグラフィック、新聞広告とかだとADがいるわけですよ。絵を考える人がいて、で文字を考える自分がいると。でそのADにこんなネタはどうですかとかこういう風に見せたらいいんじゃないですかとかこういう言葉だったらかっこいいんじゃないですかっていう相談をして。だから、誰が考えた、とかいうよりも、みんなで考えた、という感じですけどね。でも、文字関係で責任を持つのはコピーライターだからね。キャッチフレーズを書いて、商品を説明する部分(ボディコピー)を書いて。この商品はなんとかに優れていてどんなひとにぴったり、とかね。後はその会社の住所とか電話番号とかを書いて、と。だからもしそこで住所とか電話番号間違えたら、自分の責任になっちゃう。そういう細かいところもあるし。もちろん、企画自体が面白くなくて、それで売れなかったらやっぱり自分の責任だよね。もちろん商品の責任でもあるのかもしれないけど、基本的に売れない商品をいかに売るかっていうのが広告だから。

中出: なるほど。

佐々木: 特に最近はもう例えばパソコンにしたって、どこの会社が出しても変わらないんだよ、みんなIBM/PC互換機だったりするわけだし。変わんないんだけど、いかに良いものに見せるか。それで売れる会社と売れない会社が決まっちゃう。そういう仕事だから責任はあるんだけど、やっぱ面白いよね。人がさ、自分の書いたコピーを見て、この商品は面白いなって思って買いに行ってくれる訳だよね。新聞に載せるってことは、全国の家庭に配られるわけだから、結構たくさんの人が見る機会がある。それはすごいことだよね。そんなこと、個人でやろうと思ってもなかなかできないよね。だから、それが結構、大きなやりがいになる。

吉羽: 具体的に佐々木さんがやったものというのは。

佐々木: 具体例は、個人的に聞きにきてくれれば教えます:)新入社員の場合っていうのはなんだかんだいって勉強だっつって見てるだけで終わったりするのもあるし、具体的に会社名を出しにくい仕事もあるし。でも、なによりなんだか恥ずかしい;)。でも、自分の部のクリエイティブレィレクター(部長)が、実際やってみないと勉強にならないから作ってみろ、って言ってくれて、去年だけでもけっこう作りました。みんなが知ってるのはあるかな。誰もが知っている大きな仕事っていうのはね、すんごいお金がかかっているのが多いんです。ビールのコマーシャルとかしょっちゅう見るじゃない。ああいうのだと何十億円とかかかってたりして。TVコマーシャルも1本作るのにも、ものにもよるけど数千万円かかったり。それを半年間流し続けると、ものすごいお金がかかるんです。何億円と。だから、そういうのは、そうたくさんは作れない。

中出: その15秒くらいの時間のために、そんなにかかるんですか。

佐々木: そう。みんながよく見る時間ていうのはやっぱり高い。でも、けっこうデカイ仕事もやらせてもらいました。いろいろお手伝いしたのは、とある通信会社のTVコマーシャルとか、新聞広告とか、ポスターも作ったな。たぶん、みんなみたことがあるはずです。後はある医薬・食品メーカーの、スープのグラフィック。たまに新聞のスペースが空くと出たりするんだ。それはもう完全に一人でコピーをやりました。後はね、そうだなあ、またなにか作ったらご報告します:)。今年はたまたま、競合プレゼンが多かったんだよね。それを何回かやったのがどれも結構大きくて、CF作ってポスター作って新聞作ってドカーンとやる奴だったんだけど、僅差で負けちゃったりしてね。やったんだけど形になってないのもあります。残念ながら。

中出: そういうのはある程度作ったのを見せて、じゃこちらでお願いしますっていうことになったら本格的にいくわけですか?

佐々木: そう。アイデアを見せてそれを買ってもらう訳です。

吉羽: それでだめだったら、他に回すわけにもいかないですよね。

佐々木: うん。その場の勝負だよね。

吉羽: その点きついですね。

佐々木: プレゼンといっても、もちろんちゃんと作るんです。手書きとかじゃなくて、写真もカラーで貼りつけて、文字とかも写植っていうちゃんとしたのを打って張り付けたりとか。で、全部コピーを書いてお問い合わせ先とかも一応ダミーで入れて。で、実物大のボード作ってイラスト描いてと。そうやって持っていく訳だから結構毎回お金がかかる。プレゼンするのに。それで負けたらやっぱり損害だけど、勝つのが目標だからさ。プレゼンの準備ってけっこう大変だけど、面白い。やっぱり、広告も、モノをつくる仕事だから、そう感じますね。

中出: 情報科学科に在学中何をやっていたのか、簡単に教えて頂けませんか?

佐々木: ひとことでいえば、「自分の好きなこと」をやっていました。こんなことを言うと怒られるかもしれませんが:) 学部のころは、トロンプロジェクトという、コンピュータの面白いところを全部あつめたようなプロジェクトのなかの、面白そうなところをやってました。BTRONを使って、使いやすいヒューマンマシンインタフェースを考えたり、今のJavaの先駆け (と思うことにしている)のようなシステムを考えたり。CコンパイラをTRON仕様チップに移植する、なんてことも大きなテーマだったと思います。でも、とくに興味をもってやっていたのは、やっぱり、インターネットまわりかもしれませんね。私にとって、WWWとの出会い、MBONEとの出会いは衝撃でした。後半は、そっち関係ばっかりを勉強していました。

中出: 今の佐々木さんの生活の中で、情報科学科にいた時にやったことで役に立っていることはありますか?

佐々木: この会社がすごいのはね、けっこう大きな仕事でも、チャンスがあれば若い人にやらせてくれるんだよ。よく新入社員のうちは下働きばっかりでなんにもやらせないっていう、それはなくてさ。お前はコンピュータの専門家だったんだからやってみいって、結構でかい仕事をガンとくれるわけ。結構びびるけど。この間も、あるアーティストのライブをインターネットで中継するっていう仕事があったんだけど、自分もそのプロジェクトにからませてもらって、そのアーティストの家にIndyを置くっていう話から、どうやってイベントを実現するか、っていうところまで、新入社員のくせに、ずいぶん深いところまで関わらせてもらったんです。こうなると、もうクリエーティブだとかいう枠を越えてるわけね。専門家だから色々意見聞いてやろうということで、いろんなところで活躍するチャンスがある。もちろん、コピーライターとして活躍するチャンスも得られる。そこが、でかい会社なのにすごいところで、個人個人を大切にしてくれるというか。

中出: 割とじゃあ1人1人の個性を見て。

佐々木: もともと、すごい個性持っている人が多くて。なんとかなら任せろっていう人が多いよ。たまたま俺は情報関係だったから、情報関係ならこいつにやらせてみようかっていうことになってます。広告屋だから、もう情報科学とは関係ない仕事をしているようだけど、意外とそうでもない。インターネットだったりとか通信関係とかコンピュータ関係とかの企画には、やっぱり専門が生きるんだ。生活もあんまり変わってないしね。:)大学の頃は昼前に来て、研究室に行ってだな、castorというマシンの前に座ってだな、でメールを読みーのニュースを読みーのしてGCCの移植をしながらだな、まあなんかちょっと論文も書かなきゃなーとか思いながら、でもなんだかんだ言ってMboneで遊んじゃったりする毎日だったけど、今も大して変わりなくて、午前中遅めに会社に来て、1人1台Macがあるからそれのスイッチを入れてメール読んだりニュース読んだりして、コピーも書かなきゃなーとか思ってコピーを書きながら、でもインターネットで遊んでしまうというのが今の生活だからあんまり変わらなかったり:)

吉羽: これからの情報科学科に期待することはなんですか?

佐々木: 情報科学科のみなさんに期待するのは、情報科学以外にも、何かやりたいことを持つ、ってことじゃないかな。情報科学科の人って、純粋にコンピュータが好きな人が多いんだけど、それ以外に向けられたエネルギーが、もっとあってもいいよね。そうすれば、それと情報科学をからめて、もっと何か新しいことができるかもしれないじゃん。コンピュータの中だけで閉じてたら、できることにも限界があるよね。別に、広告だって何だって構わないんだけど、何かやりたいことを持って、それに情報科学をはめこめば、もっともっと、情報科学って、面白い学問になるんじゃないかな。ドロップアウトした奴が、エラソーなこと言うのも何ですが:)。

中出: 本日はお忙しいところ本当にありがとうございました。

=================================================================

(注1)CF

コマーシャルフィルムの略。ようするにTVコマーシャルのこと。

(注2)グラフィック

新聞・雑誌広告、ポスターなど、平面媒体にのる広告のこと。

=================================================================
在学中にいた研究室、卒論、修論、おもな研究テーマ等について。
学部のときも、修士のときも、坂村研究室。共通して興味のあった研究テーマは、「ヒューマン・マシン・インタフェース」。いかにして、人が使いやすいコンピュータをつくるか。いかにして、情報を人にわかりやすく伝えるかに興味を持っていた。

卒論:
「グラフィカルユーザインタフェースの音声による解説手法」

最近フツーになってしまったGUIは、実は視覚障害者にとってとても使いにくい。かといって、視覚障害者には専用のソフトを作ればいいじゃん、という考え方では、ソフトのコストは高くなるし、健常者との共同作業がしにくく、ますます視覚障害者を疎外することになってしまう。そこで、この研究では、従来のGUIを、たとえば野球のラジオ中継のように、そのまま音声の解説に変換する手法について考察。視覚障害者に無理矢理GUIを使ってもらうのではなく、GUIの画面の状況を理解してもらうことを目標にして、既存のGUIを効率よく音声解説に変換するルールを決め、評価を行った。

修論:
「プログラマブルインタフェース手法によるデータフォーマットの拡張」

簡単にいえば、今の Java の先駆けのようなシステム(ほんとかな)。ネットワークを介してデータをやりとりするときに、データと一緒に、機種に依存しないプログラムを送り付け、それを受け取った側に評価させることで、データを解釈するインタフェース自体を拡張し、通信を効率良く、高機能にするシステムを設計。具体的に図形エディタ等を実装して評価した。これだけ聞くとほんとに Java みたいだけど、あれよりも1年以上も前だったかな。セキュリティやら言語仕様やらをもっとちゃーんと作っていれば、けっこう面白いシステムになったと、大学を離れて今になって改めて気が付いて、ちょっと悔しい思いをしている(?)。