本文へジャンプ

  • HOME
  • 講演会情報

講演会情報

社会を変える基盤技術としての統計的機械学習
講演者:佐藤一誠(東京大学情報基盤センター)
平成27年2月23日(月)15時〜16時30分 東京大学理学部七号館007講義室
人があるテーマについて「学習する」ということは、そのテーマに関する様々な情報を「未知の問題へ適用可能な形で抽象化する」ことであると考えることができる。統計的機械学習は、蓄積された大量のデータを統計的に抽象化することで、将来の予測やデータに内在する隠れた規則の発見を機械的に行う情報処理技術である。

本発表では、学部生及び修士課程の学生を対象として、統計的機械学習の入門的な話題から近年話題となっている深層学習の周辺テーマについて概説する。さらに、我々の最近の研究として、統計的機械学習による医用画像読影支援システムについて説明する。

統計的機械学習がもつ「社会を変える基盤技術」としての可能性を、本発表から実感して頂ければ幸いである。