本文へジャンプ

  • HOME
  • 講演会情報

講演会情報

アーキテクチャとマイクロアーキテクチャ
講演者:石井康雄(ARM Austin)
平成28年12月26日(月)15時~16時30分 理7号館地下007講義室
一般にプロセッサは命令セットアーキテクチャ(もしくは、単にアーキテクチャ)という仕様によって動作が規定されます。講演者のようなCPU設計を行うエンジニアは採用するアーキテクチャに基づいてパイプラインなどの詳細部分を設計します。こうして詳細化されたパイプラインなどの構造をマイクロアーキテクチャと呼びます。マイクロアーキテクチャの設計ではアーキテクチャに違反しない範囲で、キャッシュメモリや分岐予測機構など様々な工夫を作り込みます。
この講演ではARMプロセッサの最新仕様(ARMv8-A)から特に命令キャッシュの仕様を紹介し、アーキテクチャがどのように解釈され、どのようなマイクロアーキテクチャを構築できるのかということを講演者の経験を交えつつ紹介します。