本文へジャンプ

  • HOME
  • 講演会情報

講演会情報

次世代コンピュータ・システム・アーキテクチャ
講演者:井上弘士(九州大学)
平成29年6月23日(金)15時〜16時30分 理学部7号館地下007講義室
1970年代初頭に世界で初めて1チップ・マイクロプロセッサが開発され、微細化技術の発展に伴いコンピュータ・システムは目覚ましい進化を遂げてきた。従来、コンピュータシステムの設計において性能とコストのトレードオフを最適化することが重視されていたが、近年のエネルギー問題を背景に電力効率の改善(電力当たり性能の向上)がより重要になってきている。また、半導体の微細化限界が目前に迫りつつある現状においては、微細化に頼らない新しいコンピュータ・システム像を描き、その実現に向けた研究開発の加速が求められる。本講義では、スーパーコンピュータを題材にし、電力効率を改善するための一手段として電力制約型コンピューティング技術を示す。また、ポストムーア時代を見据えたコンピュータ・アーキテクチャ研究の最前線を紹介し、将来のコンピュータ・システム・アーキテクチャのあるべき姿について議論する。