本文へジャンプ

  • HOME
  • 講演会情報

講演会情報

コンピュータと物理をより近くに(Bringing Computer and Physics Closer)
講演者:Yonghao Yue(Columbia University in the City of New York)
平成27年11月16日 (月) 15時30分〜17時30分 東京大学理学部七号館214講義室
Abstract:

実世界の物体の挙動は物理則によって支配されています.こうした挙動はしばしば複雑で,人間には容易に理解できないことが多いです.「数理モデル・アルゴリズム・データ構造」は,物理的挙動を人が理解し制御することに役立てることができます.この観点に立ち,私はこれまで,1)複雑な物理的挙動の予測を助け,2)複雑な物理制約を満たす機能的人工物の設計・製作を助,3)ロボットによる物理的タスクの実行を助けるための計算ツールを開発してきました.本講演では,これらの研究を紹介するとともに,コロンビア大学での留学経験等についてもご紹介いたします.

Bio:

楽 詠灝 (がく えいこう / Yonghao Yue) 博士(情報理工学)
yonghao@acm.org
2005 年東京大学理学部情報科学科卒.2007年情報理工学系研究科修士課程修了.2011年同博士課程修了.同年新領域創成科学研究科助教.2012年情報 科学科助教兼担.2013年Postdoctoral Research Fellow, Columbia University(日本学術振興会海外特別研究員).2015年Postdoctoral Research Scientist, Department of Computer Science, Columbia University. SIGGRAPH ASIA 2015 Technical Paper Committee.