本文へジャンプ

  • HOME
  • 講演会情報

講演会情報

計算機による言葉の理解をめざして ―超大規模コーパスの活用―
講演者:黒橋禎夫(京都大学大学院情報学研究科知能情報学専攻)
平成23年7月15日(金)14時45分〜16時15分 東京大学理学部七号館007講義室
計算機による言葉の処理は,文法理論,内省に基づく小規模な処理から,大規模計算による大規模テキストコーパスからの知識獲得という方向に大きく移り変わっている.1000億語コーパスからの新語,述語項構造,事態間関係等の自動獲得,さらにその上にたつ計算機による言語理解のデザインについて述べる.また,これらの応用として,意味の一致を考慮する検索エンジン,情報の組織化・相対化を行う情報分析システムを紹介する.