本文へジャンプ

  • HOME
  • 講演会情報

講演会情報

PCクラスタと京速コンピュータ
講演者:久門耕一(富士通研究所取締役ITシステム研究所長)
平成23年7月6日(水)16時30分〜18時 東京大学理学部七号館214講義室
PCクラスタと「京」は共にHigh Performance Computingを行なうための計算機システムである。双方は汎用のコモディティ製品を使うシステムと、専用CPUを使うHPC専用システムと言った違いがある。HPCシステムの主流となっているPCクラスタは、どこでも手にはいる部品を使うが、限られたコストの中で高い実用性と性能を達成するため、様々な工夫を行なう。一方、「京」は、HPC専用に開発CPUを用いた8万台のノードを専用のインタコネクトで接続する事により世界最高性能を達成したHPC専用マシンである。本講演では、これら2つに使われている技術を概説すると共に、システムの性能競争に使われるLinpackベンチマークプログラム実行についても述べる。