本文へジャンプ

計算機から抜け出たくまさん

ラフな線画がさっと立体に膨らむ、クマの耳をつまんで引っぱり出す、大口を開けている画面のなかのクジラを2本の指でぐにゃぐにゃ動かす、絵のなかのネクタイを結ぶ……思いがけないユーザーインターフェイスの数々は、どのようにして生まれてきたのでしょうか。

PROFILE
五十嵐 健夫教授 Takeo Igarashi

コンピュータアプリケーションのユーザーインターフェイスを研究。99年、手描きスケッチから3次元モデルをつくりだすソフトウェア「Teddy」で一躍注目を集め、ACM SIGGRAPH Impact Paper Awardを受賞。子どものころから好きだった「クマのお絵かき」が、いまの研究につながった。その後のオリジナリティの高いユーザーインターフェイスの数々が認められ、06年、今後の研究が期待される若手研究者に贈られるACM SIGGRAPH Significant New Researcher Awardを受賞。

ページトップへ戻る